風俗

五反田のイメクラで、逆痴漢のつもりが素人をプレイ指導

五反田のイメクラ店で素人相手に逆痴漢プレイ?

先日、五反田のとあるイメクラ店で遊んでみました。こちらのお店は、逆痴漢プレイが楽しめるということで、ワクワクしながら待っていました。結論から言うと、お相手の女の子は、業界未経験、完全素人だったので、充実した逆痴漢プレイだったわけではないのですが、逆に一生懸命な感じが伝わってきて、別な意味で良かったです。

さて、さっそくプレイのお話です。私は、アイマスクを付けて、つり革を握っていると、背後から女性の気配を感じます。すると、唐突にムスコを転がすように握られました。
「え?」とビックリしていると、そのあとしばらく乳首を弄られ、ムスコをしごかれるだけなんですよね。

「あれれ?」って感じでしたので、アイマスクをとると、そこには小柄な美人OL風の女性がいました。
「ごめんなさい。きっ、緊張してます!」
名前は、さおりさんおと良い、見た感じは20代後半30手前といった感じの女性です。聞けば業界未経験、体験入店している完全素人でした。しかし、顔立ちは整っていて誰が見ても美人。そんな女性が恐る恐る私のムスコを握っているわけです。妙に興奮しますね。

お相手は、小柄なのに脱いだらスゴイ巨乳の持ち主

そこで、逆痴漢はここで終わりにし、私が、さおりさんに襲うというプレイに変更したのです。彼女をベッドに押し倒し、ブラウスのボタンを外すと、小柄なのに脱いだらすごい巨乳の持ち主でした。さおりさんのおっぱいに顔を埋め、パフパフしながら、そのやわらかな温もりを存分に楽しみました。

ピンクローターをクリトリスにあてがり、喘ぎ始める

何せ、ド素人なので、演技なしの天然プレイ。しかし、そんなさおりさんに、意外なところがあったのです。しばらく攻めていると、さおりさんが「あれ、いいですか……」と、テーブルのあるモノを指差しました。そこには、無料オプションのピンクローターがあります。しかし、彼女は、ピンクローターの使い方を知らないそうです。素人ならではの興味本位ですね。

そこで、ピンクローターを手にとり、さおりさんのクリトリスにあてがってみると、「あっああ~。」と喘ぎ始めてしまいました。初めてのローターの刺激に、これまた普通に感じてしまっているのでしょう。時折、腰を浮かせて自分から感じるところにあわせているようでした。次に、ローターを膣に挿入し、シックスナインの体制で、ムスコを彼女の口の前にあてがると、チンポをペロペロし始めます。あんまりうまくないので、後学のために、竿舐めと玉舐めを指導しておきました。

フィニッシュは、頭を抱え仁王立ちフェラで口内発射。期待していた逆痴漢プレイではありませんでしたが、ルックスはいいし、別な意味で十分楽しめました。

お店は、次から次へと来客があり、結構な人気店のようです。女の子のレベルもいいですし、値段もお手ごろです。